トレーニングを受けている女性

効果を生み出す

ダンベル

ビクラムヨガの今後の動向について

ビクラムヨガとはインド人のビクラム・チョードリーによって1946年に開発されたヨガです。ビクラムヨガは室温約40度、湿度40パーセント以上の室内で行われ、現在広く普及しているホットヨガの原型であるとも言われています。ビクラムヨガの特徴は同じポーズを同じ順番で行うことで、温められた室内でポージングすることでより柔軟にストレッチできるようになります。またデトックス効果や血液をサラサラにする効果も得られます。1回のレッスンは90分で、今では世界中に1500以上のスタジオがあります。ビクラムヨガは世界中で人気を集めているヨガで、多くのビクラムヨガ愛好者が世界中に存在します。今後ますます世界中で広く普及するのではないかと推測されます。

ヨガをする上で注意すべき点

美容や健康に効果的だといわれているビクラムヨガを行う上で、いくつかの注意点があります。まずビクラムヨガは高温多湿の環境で行われるため、十分な水分補給を行うことが必須です。ヨガを行っている最中に多くの汗をかくので、のどの渇きを感じる前に水分補給することがポイントです。また呼吸法に注意を払うことも大切です。ビクラムヨガが推進している呼吸法は腹式呼吸です。胸式呼吸であれば十分な量の酸素を体内に取り入れられないことがあるため、呼吸法は必ず守る必要があります。また身体の変化に注意する必要もあります。普段あまり経験することのない高温多湿の中でポージングを行うため、身体がついていけない場合もあります。そんなときは無理せず休憩することをおすすめします。

Menu